美人力はバランス力_3

こちらからの続き

美人力はバランス力_2 - Tokyo Glamorous Life アラフォー×バツイチ×イイ女道

美人力はバランス力_1 - Tokyo Glamorous Life アラフォー×バツイチ×イイ女道

 

 

細部に至るまで美しい容姿に、身に付けているものは一際上質なモノばかり、

六本木ヒルズで日常のお買い物を済ませる優雅な姿から、

何もかもを持っているように見える完璧な女性…

 

 

その人には、一切の

「無駄」

が無かった。

 

 

「無駄」とは何か。

 

身体のラインを損なうムダな脂肪、

シワ・シミ・たるみといった、肌にとってムダなもの、

なんだか疲れを感じさせる生活感、、等

 

もちろん彼女にそんなものは無かったし、

きっと裕福であろう彼女なら、

ボディは優秀なパーソナルトレーナーを付けて指示を受けていたり、

肌はカリスマと呼ばれるエステティシャンにケアしてもらって、

超高級な基礎化粧品をフルラインで揃えているのかもしれない。

 

ここ東京には、お金で美を手に入れる手段など、いくらでもある。

生まれつき恵まれた容姿に更にその手段を追加すれば、どこまでだっていけるだろう。

そこに華やかな洋服やジュエリーをトッピングすれば、超絶美女の出来上がり。

 

 

だけれども、

美に対する女性の飽くなき探求心は、時に過剰に心と身体を煽り、

容易くバランスを崩してしまう。

 

巷に溢れるダイエット情報を鵜呑みにして、次から次へと新しいダイエット方法を渡り歩いては、思うような結果が得られず、いつまでもダイエットジプシーになってしまったり、

意を決してジムへ入会したものの、長くは通い続けられず、そんな自分への自己嫌悪でいっぱいになって罪悪感に苛まれたり、

宣伝されるがままにエステや美容機器に手を出して、気が付けば多額のお金と時間を注ぎ込んでいたり、

食べるものを過剰に意識しすぎて、カロリーや栄養素ばかりが気になり、心から食事が楽しめなくなってしまったり、

クローゼットに入りきらないほどの洋服やバッグがありながら、お店を覗けば欲しくなるものばかりで、思うままに手に入れたはいいけれど、結局片付けられない自分を責めたり、、

 

きっかけは、ただ、もう少し綺麗になりたいと思って始めたことが、

なぜか自分を苦しめることになって、散々もがいた結果、

望んでいた姿にはなっていなかったり、

姿形だけは手に入れても、心は全く満たされていないなんて、ザラにあること。。

 

 

これが20代の女の子なら、盛りに盛りを重ねた姿を見ても、

一見キレイに見えるのかもしれない。

 

けれど、30代、40代と年齢を重ねる毎に、

付け足すだけでは一切誤魔化しが効かなくなってくる。

 

それどころか、過剰な付け足しは、「無駄」にしか感じられない。

 

f:id:MiHO:20160419001724j:plain

 

きっとあの美しい女性は、

なにかと言い訳をして暴飲暴食するようなこともなく、

かと言ってストイックに食事制限しすぎて心がギスギスするようなこともなく、

たとえ多忙であったとしても、良質な睡眠や入浴の時間を確保し、

日常的に身体を動かすことを心がけ、

有り余る資産があろうとも、決してそれをひけらかすことなく、

本当に心から気に入った、身に付けていて心地良いものだけを取捨選択しているのだろう。

 

実際のところはわからないけれど、たった一目見ただけで、

そんな「無駄」の無い美しい生活がありありと思い浮かぶような、

格別の気品を漂わせていた。

 

 

いい加減に過ごした日々を一発逆転!できる魔法なんて、有るようで無くって、

毎日を丁寧に、大切に生きてきたその積み重ねが醸し出す凛とした空気は、

どれだけお金を積んだって買い取ることは出来ないし、

どんな最先端技術も敵わない。

 

日常を丁寧に大切に、薄皮を重ねるように積み重ねていくことは、

一見簡単なようだけれども、とても地味で、気の遠くなるような作業。。

結果を焦らず、その過程も楽しむ心の余裕がなければ、

絶対に続かない。

 

そんな知性を、あの女性はうんと若い頃から備えていたのかもしれないけれど、

もし、彼女も10代、20代、30代と色んな紆余曲折を経て、そのバランス力を身につけたなら、

今からでも彼女の凛とした美しさに近づけるかもと、少し勇気が持てるのだった。

 

 

美人力はバランス力_2

前回記事はこちら

美人力はバランス力_1 - Tokyo Glamorous Life

 

とびきりリッチで華やかな街、

六本木で見かけた

息を呑むほど美しい人…

 

f:id:MiHO:20160421195529j:plain

 

六本木ヒルズのL'ATELIER de Joel Robuchon

 

少し暗めの照明に、赤と黒でまとめられた内装が、とてもGlamorousな空間。

 

ここで友人のためのバースデイケーキが仕上がるのを待っていたそのとき、

隣でパンのお会計をしている女性に、私の目は釘付けになった。

 

 

ーこの人、完璧だ。

 

 

少しくすんだ色味が上品な、淡いブルーのスウェードで作られた、完璧なフォルムのピンヒール。

そこからすらりと真っ直ぐ伸びる細い細い脚は、そんなにも細いのに、女性らしさを失わないパーフェクトな肉付きであることが、ぴったりとした白いパンツの上からも、ありありと見てとれる。

流れるようなシルエットが美しく、着心地の良さそうな柔らかなブラウスの胸元は、豊かなボリュームを湛え、シンプルなネックレスが控えめに輝きを添えている。

 

袖口から覗く華奢な腕には、どこのブランドかは判らないものの、一目で上質なものと判る時計が光を放ち、

上品なネイルで彩られた、同じく華奢な指には、大きなダイヤモンドのリングが輝いている。

手持ちのキャメル色の小ぶりなバッグは、パッと見では気付かないけれど、よくよく見ると、エルメスのもの。

 

艶やかな黒髪は、顎ラインのボブにミニマムに整えられ、まるで身体の中心に一本の芯が通っているかのようにスッと伸びる首筋のラインをより一層美しく見せている。

その細い首に支えられた顔は当然、小さく美しく、端正なのに華やかさもある顔立ちから察するに、おそらく年齢は40代前半か。

それなのにその肌はきめ細かく、透き通るように白かった。

 

 

春とは言え、まだ朝晩は肌寒いこの時期に、この出で立ちということは、この界隈の住人で、普段の食事用にパンを買いに来たのだろう。

身に付けている物の上質さからだけでなく、そんな日常からも経済的な余裕が感じられる。

 

そして容姿の美しさだけでなく、ただレジに並んでいるだけでも人目を惹く、圧倒的に凛とした佇まい、、

もしかすると今は有閑マダムかもしれないけれど、元は女優かモデルか、はたまた海外でも活躍するキャリアウーマンだったか、、

いや、今でも自ら美容系の会社なんかを経営しているかもしれない。

 

きっと素敵なパートナーと、豊かな暮らしをしているのだろう。

こんな素敵な女性を射止めるなんて、一体どんな男性かしら。。

 

その美しい女性がパンのお会計を済ませるまでのほんの短い間で、彼女についてこんなにも沢山のことを思い巡らせていた。

 

 

まるで全てを持っているかのようなこの女性…

 

 

 

しかし、私が「完璧」と感じた彼女に対して抱いた最も大きな印象は、

 

「無い」

 

だったのだ。  

 

 

美人力はバランス力_1

 

先週末は、久しぶりに六本木へ。

 

f:id:MiHO:20160419001537j:plain

 

高層ビルにタワーマンション、

最高級のホテルやブランドショップが立ち並び、

煌びやかなイルミネーションの中、

行き交う車は外国車ばかり…

 

世界でもトップクラスに派手でリッチなこの街に集う女性達は、

この街の華やかさすら、ただの背景にしてしまうくらいに

皆、とびきり美しく、独特のゴージャスさを纏っている。

 

舌の肥えた紳士に連れられて美味しいものばかり食しているはずなのに、

か細く華奢な身体をタイトな洋服で包み、

ワンレングスの長い髪をかき上げる手元のネイルはもちろん完璧、

一目でブランド品と判るバッグに大きなサングラス、

ふわふわの犬を抱っこしている率もかなり高かったり。。

 

この街と同じく、バブリーというか、

あ、お金かかってるなあっていうのが

とても分かりやすい感じなのだ。

 

この街がそういう女性達をつくるのか、

はたまたそういう女性達がこの街をつくるのか、

一体どちらなのかはわからないけれど、

きっとその両方が相乗効果をもたらしているのだろう。

 

 

そんな街、六本木で、

ハッと息を呑むほど格別に美しい女性を見かけたのである。 

 

 

 

続きはこちら

美人力はバランス力_2 - Tokyo Glamorous Life アラフォー×バツイチ×イイ女道

 

 

 

Tokyo Glamorous Life

 

自分が暮らす場所を

自分自身の意思で選択できている人は、

一体どれくらいいるのだろう。

 

 

f:id:MiHO:20160415211242j:plain

 

 

生まれ育った場所だから、

 

進学した学校がある場所だから、

 

就職して配属された場所だから、

 

パートナーが働いている場所だから、

 

 

ほぼ誰しもが、こういった理由で

その場所で暮らしているのではなかろうか。

 

 

f:id:MiHO:20160415210818j:plain

 

 

東京、日本橋

 

 

この場所に来るといつも

ただそこに立っているだけで、

感動で震えて、涙が溢れそうになる。

 

 

初めてこの地に降り立って

5年が経とうという今も、

その感動が薄れることは微塵もない。

 

 

 

私が人生で初めて、

 

自分自身で選択した

 

私の生きる場所。

 

 

 

Tokyoこの街で、

 

私はGlamorousに生き抜いていく。

 

 

広告を非表示にする