Glamorous 30's

 

洗練された和風の設えが美しい、アマンホテル33階のラウンジbyアマン。

 

f:id:MiHO:20160622233431j:plain

 

今日は38歳の誕生日。

このラウンジがあるフロアより、

5つお姉さんになった。

 

 

保守的に生きていた20代とは打って変わって、

30代は挑戦の連続。

 

30歳で新卒から勤めていた商社を辞めてインテリアの勉強を始め、

31歳になる前にインテリアコーディネーターのライセンスを取った。

32歳で受付嬢デビューして、

33歳は離婚と同時に単身上京、派遣OLの傍らイベコンデビューという激動の年。

34歳でようやく小さな設計事務所でインテリアコーディネーターのアシスタントに就いた。

35歳は知人がデザインする下着ブランドのショーモデルで大トリを果たし、

36歳には束の間だが離婚後初の恋人が出来て、

37歳でスカウトを受けて事務所所属のモデルとなった。

 

 

 

そして今日から38歳。

 

 

未だに新しいパートナーは見つかっていないし、

思い通りになっていないこともたくさん。

 

東京で暮らしていると、いくらでも凄い人を目の当たりにするし、

私が挑戦してきたことなんて、どれも大したことじゃないって思えてしまう。

 

それでも、憧れたことは全部、実際に叶えてきているはず。

 

 

いくつになったって、自分次第で欲しいものは手に入る。

 

 

38歳、私は何に挑戦して、何を手に入れるだろう。

 

それが何かはまだ見えていないけれど、

おそらく今までのように足りないものを埋めようとがむしゃらに求めるのではなく、

既にある余分なものを削ぎ落としていくことになるんじゃないかという気がしている。

 

そうやって本質だけが残ったとき、

どんな自分になっているか

ーもしかしたらそれが不惑の歳・40歳というやつかもしれないが

今からとても楽しみだ。

 

 

広告を非表示にする