読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

VERY妻になりたくて_3

 

VERY妻になりたくて_1 - Tokyo Glamorous Life アラフォー×バツイチ×イイ女道

 

VERY妻になりたくて_2 - Tokyo Glamorous Life アラフォー×バツイチ×イイ女道

 

f:id:MiHO:20160731234010j:plain

 

彼氏ができてから私の日常は一気に華やぎ、週の半分以上をデートに費やし夢見心地で過ごしていたが、

大学3年生といえば、就職活動を始める時期。

 

心理学を専攻していたものの、特にカウンセラーなどの専門職を目指していたわけでもなく。

できることなら就職するより専門学校に行ってデザインの勉強がしたかったが、

これ以上親に負担をかけるわけにもいかないし(母に希望を伝えてみたところこっぴどく叱られた)、かといってそのために自分で学費を稼ごうという根性もなかった。

 

どうやら就職しないわけにはいかないようだが、

私、いったい何の仕事がしたいんだろう?

退屈だ退屈だと言いながら、3年間ただなんとなく日々を過ごし、

自ら動いたり考えたりしてこなかった私には、社会のことが何もわからなかった。

 

奇しくも時代は就職超氷河期の底の底。

 

大手企業で文系対象の募集職種は、どこも営業職のみ。

人見知りで裏表が作れない性格の私にとって、営業なんて死んでもやりたくない仕事。

会社に決められた配属で地方の田舎暮らしになるなんてまっぴらだし、

急な転勤でどこにいくかもわからないような生活はしたくない。

 

業界としてはアパレルの仕事に憧れるけれど、

プレスやマーチャンダイザー、スタイリストなんて、学生時代からお洒落に命賭けて雑誌で読者モデルやっていたような特別な人じゃないと無理だろうし、

販売員なら受かりやすいかもしれないけれど、バイトで経験してきたし、休みも不規則で立ちっぱなしも疲れるから、なんかもういいかな。。。

 

それに…私には結婚相手として理想的な彼氏がいるのだ。

彼だって、私と結婚することを望んでいる。

結婚資金を貯めるために数年間働いて、その後は主婦として経営者となる旦那様と子供を支える生活にシフトすればいい。

 

そのためには、実家から通える場所にある企業で、あまり残業のない一般職として働くのが効率良いだろう。

お嫁に行く前に両親の側にいれば親孝行にもなるし、お金も貯められる。

 

 

…こうやって書いていて自分で恐ろしくなってきたが、

21歳の自分が出した結論は、このように思考停止した非常に依存的な考えであった。

 

そして大学卒業後、私は大阪にある中堅商社の一般職OLとして勤務することになる。

 

VERY妻になりたくて_4 - Tokyo Glamorous Life アラフォー×バツイチ×イイ女道

 

VERY妻になりたくて_5 - Tokyo Glamorous Life アラフォー×バツイチ×イイ女道